わきがの臭いの基準は人によって違ってくる

ワキガの問題はいわゆる臭いの問題なのですが、臭いの感じ方というのは人によって違ってくるので、それがさらに問題を複雑化しているといえると思います。

 

元から体臭の強い海外ではワキガが問題になることはないです。つまりワキガなどの体臭問題は日本などの体臭が薄い国の問題ということがわかると思います。

 

ちなみに民族ごとにワキガの割合は違ってくるみたいです。黒人の場合は100パーセント、欧米人は70から90パーセント、日本人は10から15パーセントがワキガ体質だと言われています。

 

嗅覚は同じ臭いをずっと嗅いでいると反応しなくなるという性質があるので、町中がワキガの臭いで充満しているとそれは気にするにおいではなくなるということです。

 

よく自分の臭いが自分でわからないと言われていますが、それと同じ原理だと思っていいと思います。

 

またニオイには好みやそうでないものがあり、どんなに高い香水でも嫌いなタイプのニオイならそれは悪臭以外の何者でもないということは多くの人が体験していることだと思い明日。

 

つまり悪臭の根拠はコミュニティーによって変わってくるともいえると思います。神経質な人ならちょっとしたわずかな体臭でも耐え難いと思ったり、強いがワキガでも海外に住むなら何の問題もないという、環境による要因もあると言えると思います。

 

 

わきがを治すにはどうすればいい?

ワキガが環境によって感じ方が違うのはわかりましたが、日本に住む以上はやはりワキガは問題なので、治したいと思うのは普通のことだと思います。

 

ワキガはアポクリン汗腺とよばれる体の器官から発せられるニオイが要因になっており、ワキガの体臭を治すために手術でその原因を効果的に除去しようとする場合があります。

 

ワキガ手術の患者は手術前に医師にカウンセリングを受けることになりますが、その際に手術に最適な病院なのか判断することになります。

 

手術の値段で病院を選んでしまうと、剪除法などの古い手術方法を取っている病院にあたってしまって、手術の傷跡が残ったり、さらにはワキガが再発する可能性があります。手術は最終手段だと考えたほうがいいと思います。

 

まずは耳垢が湿っているか、家族にワキガの人がいるかなど、自分がわきがであるか判断する必要があります。そこからわきが対策を考えるようにするといいです。

 

そして自分合うワキガの治し方を探していくことになります。

 

私の場合は手術で再発の可能性や傷が残る可能性のリスクをとるよりは、手術なしでのワキガの治す方法を選択しました。

 

当サイトではそんな手術なしでのワキガを治す方法を説明しているので参考にしてみてはどうでしょうか。